お知らせ

2020-07-06  【事例紹介】

タスクの共有により一定の水準で管理が可能に!現場でのスムーズな連携も実現

店舗などの商業空間、展示会をはじめ販促・PRにつなげるイベント空間、博物館や科学館などの文化空間等、人やモノや情報が行き交うさまざまな空間づくりをおこなっている株式会社丹青社。以前から他部署で、「Photoruction」の機能の一つの自由なフォーマットの書類が作成できる「フィールドレポート」を中心に使っていただいていることもあり、フォトラクションの本社移転工事にあたりPhotoructionを試験導入していただくことになりました。

現場に導入したPhotoructionをどのように活用しているかなど、SE事業部 第2PM統括部 2部 チームリーダー 古宮 祥人さんにお話を伺いました。

株式会社丹青社 SE事業部 第2PM統括部 2部 チームリーダー
古宮 祥人 氏

Photoructionの導入前、工事現場ではどのようなことが課題になっていましたか?

工事写真管理や図面管理など、作業ごとに異なるツールを使用しています。
私たちが担当する内装工事は、施設内の仮囲いの中など現場での作業スペースが狭く報告書等の作成は会社やサテライトオフィス、自宅などで行っているため、別の場所に移動する必要がありました。

また、図面の差し替えなどが発生すると膨大な変更量になります。工期が短い内装工事の現場では積算業務とデザインを並行して行う場合が多く、図面の差し替えが頻繁に発生すると、その都度変更作業に多くの時間を要していました。
社内で情報を共有する際、図面等はパソコンを使ってクラウドストレージに保存していますが、アップロードに時間がかかりタイムラグが発生していましたね。

Photoruction導入後はどのような変化がありましたか?

スマートフォンでPhotoructionを利用している様子

現場監督と制作担当の2名体制で内装工事の施工管理を行っています。工事を進めるにあたって両者の連携がとても大切なのですが、Photoructionを使用することによって情報の共有がスムーズにできました。

現場ではスマートフォンで簡単に作業できるのが嬉しいですね。工事写真の撮影の際につかう黒板も事前に作成できるため、現場で入力作業をせずにそのまま写真撮影ができてとても便利です。
また、図面におけるタスク管理も活用しており、誰が作業をしても一定の水準で管理ができるようになりましたね。今までは経験値で管理せざるを得ない場面もありましたが、Photoructionではタスクを共有できるので管理がしやすくなりました。タスクを追加するとすぐにクラウドに反映されるのも嬉しいですね。また、図面の差し替えが発生した時もスムーズに変更できました。
他部署でも導入しているPhotoructionのフィールドレポートによる報告書の作成については、写真を選択し必要な項目を入力するだけで作成が完了しますし、成果物の書類がきれいにまとまっているので、事業主様にもとても喜ばれています。
そして、アップロードが早いところもとても助かっています。スマートフォンでアップロードするとすぐにパソコンでも閲覧でき、タイムラグが発生せずに作業を行えるのでストレス軽減になっています。

今後Photoructionに期待することを教えてください

現場で何か問題があった時、設計者様や協力会社様に素早く連絡できるシステムがあると嬉しいですね。認識の齟齬をなくせるように、関係者との相互間のやり取りをスマートにできる機能があるとPhotoructionがさらに使いやすくなると思います。

フォトラクション本社移転プロジェクトを終えてどうでしたか

㈱丹青社 古宮氏(写真左)と当社CEO中島(写真右) 現場にて

社内で現場監督向けのツールを初めて使うので操作に心配がありましたが、操作方法がシンプルで分かりやすかったです。フォトラクションさんとの連携も円滑に進んだため、とても良い状態でコラボレーションができたと思います。

今回のオフィスのデザインは建材を表に出したものにしており、建設ITならではの雰囲気が出せたと思っています。私たちも普段利用させて頂いているPhotoructionというツールを活用して、フォトラクションさんの本社移転工事のお手伝いすることになるとは思ってもいなかったので、とても良い経験ができました。