絶対に失敗しない工事写真アプリの選び方!

工事写真は、工事が設計図に基づいて計画通りに施工されたことを示す記録です。工事写真の撮影・管理にはある程度の知識が必要です。工事写真の撮り方から管理方法、工事写真台帳作成におすすめのアプリまで盛りだくさんで紹介します。

工事写真の撮り方

工事写真は工事の精度を検証し担保する資料のため、工事の全期間にわたって適宜撮影する必要があります。「いつ・どこで・誰が・何を・何のために・どのように」を明白にし、客観的な立場から誰が見ても分かりやすい写真を撮ることが大切です。前もって撮影するタイミングや場所などを把握しておき、撮影責任者を明確にしておきましょう。 撮影は被写体に平行または直角に撮影し、同一箇所で施工の各段階を撮影する場合は同一位置、同一方向、同一角度から撮影する。全景写真の場合は同一地点から撮影する。

工事写真の撮り方 国土交通省

デジタル写真の管理・提出には、国土交通省が定める「デジタル写真管理情報基準」に従う必要があります。ファイル形式やファイル名、有効画素数などが定められています。また、「写真の信憑性を考慮し、写真編集は認めない」と規定されていて、一切の編集・加工は認められていません。

黒板を活用した工事写真の撮り方

証拠としての役割がある工事写真に、5W1Hを補う「黒板」は必要不可欠です。客観的に分かりやすいアングルで撮影し、必要に応じて添尺をして情報を補いましょう。

工事写真での黒板の書き方

黒板を正確に書くことで、工事の目的を確認し写真撮影のポイントを明確にすることができます。現場では何種類もの黒板が必要なため、黒板は複数持っていき、各現場ごとに適切に書き直しましょう。一般的な工事用黒板で記載することをまとめてみました。
・工事名、工種(何を)
・撮影日(いつ)
・立会者、確認者、請負業者名(誰が)
・撮影箇所、位置(どこで)
・施工状況(どのように)
・形状寸法、撮影内容(何のために)

工事写真の撮り方 本の紹介

工事写真の撮り方に関する書籍は複数出版されています。中でも、国土交通省が監修した「工事写真の撮り方 建築編」は、工事写真の撮り方の解説書として知られる一冊です。

「営繕工事写真撮影要領(平成24年度版)・同解説 工事写真の撮り方 建築編」

出典: 平成25年3月27日 初版
監修 国土交通省大臣官房官庁営繕部
編集 一般社団法人 公共建築協会
発行 一般財団法人 地域開発研究所

工事写真台帳とは

工事写真台帳とは、撮りためた工事写真をまとめたアルバムのことです。

工事写真台帳の見本

工事写真台帳の作り方

工事写真台帳は、Excelやソフトを使用して作成されることが多いです。表紙・背表紙には「工事完成年度・工事名・工期・受注者名・分冊数 等」を明記します。中は工事の設計書順あるいは工程順で並べるのが一般的です。

工事写真、工事黒板、工事写真台帳の関係性

工事写真は、施工状況の記録と完成後の出来形確認資料という二つの役割があります。しかし、写真だけに必要な情報を全て記録するのは不可能です。写真に撮れていない情報、誰が立ち会ったのか、どのような施工だったのか、などを文字で補うのが黒板です。そして、これらの工事写真を整理し、工事写真台帳にまとめて初めて完成になります。

工事写真アプリの導入で作業効率できる3つのポイント

工事写真業務はエクセルや紙での運用もできますが、工事写真アプリを導入することで、作業効率を大幅に向上させることができます。その三つのポイントを説明します。

デジカメ不要!スマホかタブレットで完結する業務

工事写真アプリを使えば、デジカメはもう必要ありません。スマホかタブレットのみを持ち歩けば良いので、デジカメだけでなく、その他たくさんの荷物を運ぶ必要がなくなります。

黒板を何種類も持って歩かなくても良い

工事写真アプリの電子小黒板機能によって、あらかじめ黒板何枚も保存しておけるので、従来のように、現場ごとに黒板を書き換える手間が省けます。
また、全ての工事写真アプリにおいて、保存できる黒板の数には限りがありません。必要な分を何枚でも保存しておくことが可能です。

写真が自動で整理かつ写真台帳まで作成される

撮影した工事写真は、工事写真アプリで「日付」や「工種」などによって自動的に整理され、さらに写真台帳も自動で作成されます。そのため、作業時間が大幅に短縮されると同時に、入力間違えといった人的ミスの削減にも繋がります。

工事写真と工事写真台帳 ソフト/アプリ

とっても便利な工事写真アプリですが、どのアプリを使えば良いか分からない…といった方も多いはず。そんな皆さんのために、おすすめの工事写真アプリを5つ紹介します。

2.蔵衛門工事黒板

5万件を超える現場に導入されてきた、導入実績1位の「蔵衛門」。どのような環境でも安心して使うことができるよう、防塵・防水ボディに耐衝撃ケースを装備した専用タブレットを使用します。

参照:PR Times:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000057.000001288.html

▶HP https://www.kuraemon.com/

▶レビュー ★★★★★ 4.7(2,444件の評価)http://u0u1.net/YVZb

▶主な機能 ・電子小黒板作成
・電子小黒板の豆図描画
・電子黒板付き工事写真撮影
・工事写真の自動整理
・工事台帳の自動作成
・台帳のExcel、PDF納品版作成
・クラウド上での閲覧、編集
・写真の電子納品出力
・JACICの改竄チェック機能
・国土交通省認可

▶料金 ・30日間無料体験
・有料版 ¥79,800/1台~

5.Photoruction

「Photoruction」の魅力は工事写真だけでなく、図面や書類なども一元管理できる機能の多さ。また、機密情報の暗号化ISO27001、二段階認証などセキュリティ面も徹底されています。

▶HP https://www.photoruction.com/

▶レビュー ★★★★☆ 4.2(37件の評価)http://u0u1.net/LVie

▶主な機能 ・電子小黒板作成
・電子小黒板の豆図描画
・写真の自動整理
・電子黒板付き工事写真撮影
・工事写真の自動整理
・工事台帳の自動作成
・TODOリスト作成
・台帳のExcel、PDF納品版作成
・クラウド上での閲覧、編集
・写真の電子納品出力
・JACICの改竄チェック機能
・国土交通省認可
・オフライン対応

▶料金 ・30日間無料体験
・有料版 ¥3,980/月/人 + ¥980/月/プロジェクト ~

4.電子小黒板PhotoManager

▶HP https://www.wise.co.jp/quickproject/pmm/

▶レビュー ★★★☆☆ 3.0(73件の評価)http://u0u1.net/0J43

▶主な機能 ・電子小黒板作成
・電子小黒板の豆図描画
・電子黒板付き工事写真撮影
・工事写真の自動整理
・クラウド上での写真閲覧
・工事台帳の自動作成
・台帳のExcel、PDF納品版作成
・写真の電子納品出力
・JACICの改竄チェック機能
・国土交通省認可

▶料金 ・無料体験1年間
・有料版 ¥9800

3.現場DEカメラ

「現場DEカメラ」の最大の魅力は電子小黒板の種類が豊富なこと。9種類の黒板から用途に合った黒板を選択できます。

▶HP http://www.genba21.com/genbadecamera/

▶レビュー ★★★☆☆ 2.6(30件の評価)http://u0u1.net/iEBv

▶主な機能 ・電子小黒板作成
・電子小黒板カスタマイズ
・黒板への図面貼り付け機能
・電子小黒板の豆図描画
・工事写真の自動整理
・工事写真の位置情報添付
・工事台帳の自動作成
・台帳のExcel納品版作成

▶料金 ・基本機能は無料
・有料版、現場DEカメラPRO(¥3,000)

1.工事写真

「工事写真」は、世界で初めてリリースされた工事写真アプリです。

▶HP http://www.booth-web.com/app/kojishashin/

▶レビュー ★★☆☆☆ 1.6(63件の評価)http://u0u1.net/ZC4z

▶主な機能 ・工事写真の撮影
・写真の自動整理、自動バックアップ保存
・電子小黒板作成
・国土交通省認可

▶料金 ・基本機能は無料
・その他課金制
例)写真のバックアップサーバーへの保存:¥250~/1GB/30日間

まとめ

いかがだったでしょうか?ITは難しいという意見も多いですが、工事現場の生産性向上のために積極的にチャレンジしてみてはいかがでしょう。