2022-09-13  イベント・展示会

建築・土木の生産支援クラウド『Photoruction』、建設業のDX技術が集結する「第2回 建設DX展」関西展に出展いたします

建設・土木の生産支援クラウド「Photoruction(フォトラクション)」の開発および運営を行う株式会社フォトラクション(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:中島 貴春、以下 「フォトラクション」)は、2022年9月28日(水)から30日(金)にインテックス大阪で開催される「第2回 建設DX展」に出展いたします。「Photoruction」をはじめ、代表的な3次元ファイルを閲覧できる「Photoruction BIM」やアウトソーシングとAIを掛け合わせた建設特化のアウトソーシングサービス「建設BPO」など、設計から施工まで一気通貫で管理できる統合型ソリューションをご紹介いたします。

当社ブース番号:4-30

<出展内容>
■建築・土木の生産支援クラウド「Photoruction」
建設業向けの生産性向上サービスです。スーパーゼネコンを含めた国内外100,000を超える建設プロジェクトで導入されており、写真や図面、タスク、検査、書類、工程表、BIM、建設BPOといった様々な機能をそろえた建設業界のプロジェクトマネジメントツールです。

■現場のデジタル化を促進する「建設BPO」
ソフトウェア上から建設業のビジネスプロセス(作業)を活用できるクラウド型の次世代型のBPOサービスです。 ノンコア業務から解放され爆発的な生産性向上とともに、データを活用した新しいDXサイクルを実現いたします。

■代表的な3次元ファイルを閲覧できる「Photoruction BIM」
インターネット環境があれば専用のソフトウェアの導入なしでBIMモデルの閲覧が可能ですPhotoructionのユーザーならすべての現場、ユーザーが利用でき、簡単な操作で設計とのコミュニケーションをより円滑にします。

<セミナー>
ブースでは、現在建設DXに取り組んでいる方や、これから導入をお考えの方へのお役立ち情報を交えた、機能紹介セミナーを開催いたします。

<イベント概要>
建設DX展は、RX Japan株式会社(旧社名:リード エグジビション ジャパン)が主催する建設業のDX(デジタルトランスフォーメーション)技術が一堂に出展する総合展です。

・展示会名:第2回 関西 建設DX展
・会期:2022年9月28日(水)~30日(金)
・会場:インテックス大阪 2号館 
・当社ブース番号:4−30
・主催:RX Japan株式会社 (旧社名: リード エグジビション ジャパン)
・URL:https://www.construction-dx.jp/ja-jp.html

※ご来場には事前登録(無料)が必要です
以下にe-招待券を添付します。会場にて画面提示をしていただくか、出力してお持ちください。
https://www.japan-build.jp/osaka/ja-jp/search-ex/2022/kdx/directory/details.org-80648e2f-d78d-413d-a878-b7dd5927e735.html

【建設業向け生産支援クラウドサービス Photoruction について】
Photoructionは、生産性と品質向上を目的とした建設業向け生産支援クラウドサービスです。現在、ゼネコンの工事現場をはじめ、専門工事会社、設計事務所など、100,000件以上の工事現場で利用されています。建設業界は、現場業務や報告書作成が未だに紙を中心に行われており、非効率な業務が多いという課題があります。
Photoructionは、データ整理や資料作成などの煩雑になりがちな業務を効率化し、業務時間の削減や生産性の向上を実現いたします。

【株式会社フォトラクションについて】
建設の世界を限りなくスマートにする」といったミッションのもと、建設業向けの生産性向上サービスPhotoructionの開発を行なっています。建設現場における写真や図面などを効率的に管理するアプリケーションおよび、工事の事前準備やデータ入力などをサポートするアウトソーシング(建設BPO)の仕組みをクラウド経由で提供いたします。