お知らせ

2020-08-17  【ニュース】

建築・土木の生産支援クラウド「Photoruction」が配筋検査機能を提供開始~データ管理により、配筋検査の業務効率化を促進~

建築・土木の生産支援クラウド「Photoruction(フォトラクション)」を提供する株式会社フォトラクション(本社:東京都中央区、代表取締役:中島 貴春)は、配筋検査記録をデータ管理できる「配筋検査機能」を提供開始いたしました。

■提供の背景
建設工事における配筋検査は、書面に手書きで記録することが多く、膨大な事務作業が発生、合わせて施工状況の記録は写真撮影して帳票にまとめる必要があり、作成に時間がかかります。

一方で配筋検査は建物品質に関して最も重要な検査の一つであり、不備が生じた際は多くの手戻りが発生します。これまで業界では配筋検査のシステム化が数多く試みられてきましたが、検査のチェックリストが建設業各社ごとに異なる等の課題があり、システム化するのが難しい業務でした。

このたび公開した「配筋検査機能」は、Photoructionのタスク機能やコメント機能、書類作成機能を併用して活用することにより、簡単に配筋検査を記録できます。すでにPhotoructionにある検査一括作成機能に加え、検査ピンの自動作成から検査帳票の作成まで、配筋検査に関連する業務を一気通貫で行うことが可能になります。これにより、配筋検査のシステム化を実現します。

■機能説明会開催のご案内
オンライン説明会「はじめてのフォトラクション」にて、配筋検査機能をご紹介いたします。

<日程>
8月31日(月)12:15~12:45
<開催方法>
オンライン(Zoom)
<申し込みフォーム>
お申込みはこちらからお願いします

■機能内容
本機能はPhotoructionの標準機能になります。従来、紙の帳票で保管していた配筋検査記録をデータ化することにより、作業時間の大幅な改善を実現します。是正処置も、写真データを是正用(是正前・是正後)と保存用共に撮影しているため作業も簡単に行えます。

<主な機能>

  • チェックリストのコメント機能
    ・チェックリストの項目のカスタマイズが可能
    ・1項目ごとにコメントを追加可能
    ・写真の紐づけが可能

  • 親タスク・子タスク機能
    ・配筋検査の際に中央部と端部を分けた検査が可能
    ・検査の課題を柔軟に設定可能
    ・同じ場所で複数の黒板が設定でき、杭工事の工程写真の撮影や検査も可能

  • 配筋検査帳票機能
    ・下記内容が自動で反映されます。
    -チェックリストの項目・コメント
    -親タスク・子タスクで入力した検査結果や課題
    -検査結果の可否
    -写真と写真に含まれる情報
    -参考図(豆図)

・3種類の配筋検査表が出力可能

  • 参考図(豆図)の切り出し機能
    ・従来、手作業で切り出していた参考図(豆図)を自動で切り出せます。

■ Photoructionについて
Photoruction は、生産性と品質向上を目的とした建設業向け生産支援クラウドサービスです。現在、ゼネコンの工事現場をはじめ、専門工事会社、設計事務所など、50,000 件以上の工事現場で利用されています。建設業界は、現場業務や報告書作成が未だに紙を中心に行われており、非効率な業務が多いという課題があります。Photoruction は、データ整理や資料作成などの煩雑になりがちな業務を効率化し、業務時間の削減や生産性の向上を実現いたします。また、既存事業のPhotoructionに加えて、建設業特化AIと建設技術者であるオペレーター(ヒト)を組み合わせた新しい建設 BPO(外部サポート) サービスをリリースしました。当サービスで建設産業の労働力を最大化し人手不足の根本的な解決を目指します。

■株式会社フォトラクションについて
代表取締役:中島 貴春
設立:2016 年 3 月 14 日
所在地:〒104-0045 東京都中央区築地五丁目4番18号 汐留イーストサイドビル6階
資本金:775,024,500 円(※資本準備金含む)
事業内容:インターネットサービスの企画・開発・運用
WEB:https://www.photoruction.com/corp