工事管理に必須!工事台帳の見本、テンプレート、おすすめソフトとは?

「工事台帳」を記入することは、各工事を適切に管理・進行していくために欠かせないことです。しかし実際はとても手間のかかる業務ではないでしょうか?工事台帳の作り方を工夫することで、この手間が省け作業効率がぐんとアップします。

工事台帳の目的から、見本やおすすめのソフトまでご紹介していきます。

工事別の原価を集計する工事台帳とは?

工事台帳とは、各工事の原価を集計する台帳のことで、工事ごとの取引明細が全て記録されています。工事台帳を作成することで、原価計算が明白になり、進捗状況の把握や提出書類の作成が容易になります。工事台帳は経営事項審査で提示が必要になるため、必ず記録をつけましょう。

工事台帳の目的とは?

工事台帳には工事ごとの進捗管理をしたり、収支内容や利益率、経営状況を把握したりするといった目的があります。工事の必要経費を管理する工事台帳は、収支内容を確認しながら利益率を把握できるので、経営判断に役立ちます。

工事台帳 書き方

工事台帳はエクセルやアプリを使って作成でき、工事ごとの取引明細を明記します。工事原価明細書では、工事ごとに「材料費、労務費、外注費、経費」を記載します。

材料費

工事の材料の仕入れにかかった費用(引取運賃含む)のことです。

労務費

自社が雇用する作業員の給与、賃金、手当などのことです。あくまで建設作業に従事する職員のみで、事務所の事務員などは含まれません。

外注費

自社が直接雇用していない下請業者や外注業者の作業員に支払う費用のことです。

経費

上記に該当しない経費のことで、事務員の給与や現場の光熱費、建設機械の使用料などが含まれます。

工事台帳をエクセルで代用することも

工事台帳はエクセルを使用することで無料で作成することができます。この場合、あらかじめマスターシートに工事名などを入力しておくと、その後の入力が楽になります。また、合計金額などを算出するときは、うまくシートを使い分けてことも大切です。

工事台帳 フリーソフト

専用のソフトを使って工事台帳を管理するのは非常に効果的です。初めてソフトを使用する方や、何を使えば良いかわからないといった方でも試しやすい、無料で使えるソフトを一覧で紹介します。

工事台帳 フリーソフト おすすめ一覧

・Everything
高速ファイル検索ソフト「Everything」は、保存された大量のファイルの中から検索条件に該当するファイルを瞬時に検索することができます。
▶ダウンロード詳細 https://www.voidtools.com/

・工事成績マネージャ
「工事成績マネージャ」は、国土交通省発注工事の採点要領に沿って、「順算」(工事成績の算出)と「逆算」(項目別評価を逆算)のシミュレーションができます。フリー版と¥9,800の有料版もあります。
▶ダウンロード詳細 https://www.wise.co.jp/kojiseiseki/

・QuickProjectシリーズ
「QuickProjectシリーズ」は、工事写真管理や電子納品、出来形管理書類作成など複数の機能が入っており、必要なソフトを選んでインストールすることができます。インストールから一年間は全ての機能を無料で使うことができ、期限を過ぎると一部の機能が使えなくなるので注意が必要です。
▶ダウンロード詳細 https://www.wise.co.jp/download/download.htm#qpfree

・iDempiere
「iDempiere」は、多くの業務管理機能を提供しているだけでなく、業務アプリケーションの開発フレームワークとしての機能もあります。オープンソースで提供されているため、自社の用途に合わせて、自由に修正・改良することができます。
▶ダウンロード詳細 https://www.compiere-distribution-lab.net/idempiere-lab/

工事台帳まとめ

いかがだったでしょうか。工事台帳の導入に際して、まずはエクセルなどで代用した上で、システムを検討してみても良いかもしれません。